事業主様新規登録

荷主様新規登録

保証人委託サービス

軽貨物個人事業主様と、直接お取引が出来ない荷主様を対象とし、業務委託契約の窓口業務、一ヶ月サイトでの支払い代行、貨物の保証などをご提供するサービスです。

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

軽運送開始の流れ

3STEPで簡単取得!!

営業ナンバー取得の為に必要な書類は・・・
「経営届出書」、「運賃料金表」だけ!


軽のシゴトドットコムでは、従来の軽貨物斡旋業者が行っていた仲介業務をインターネットで完結させることで、非常に便利で気軽に利用できる仲介サービスを実現させました。
安心な軽貨物求人を提供するために、インターネットの利便性、メール等、十分に取り入れ「適切なカスタマーサポート」を徹底 しております。
その一方で、手をかけるべきサービス部分については、ヒューマンリソースを惜しみなくかけており
軽貨物事業主様が安心して活動できるように、万全のサポート体制を整えております。

軽運送開始の流れ STEP1

軽貨物自動車を使用して運送業を始めるにはまずは東京運輸支局から届出書を手に入れてください。

軽運送開始の流れ STEP2
軽貨物自動車運送事業経営届出書様式について

東京運輸支局ページにある軽貨物に関する資料一覧から、軽貨物自動車運送事業経営届出書様式をクリックいたしますと届出書が画面に表示いたしますのでそれをプリントアウトしてください。
簡単な項目を埋めるだけです。非常に簡単です!!

たったこれだけ!必要書類←ココをクリック

こちらからも軽貨物自動車運送事業経営届出書様式を表示できます

軽運送開始の流れ STEP3

軽貨物自動車運送事業経営届出書に必要事項を記載し、
運賃料金表※,車検証のコピーを各2部ずつ添えて、貨物担当窓口へ提出してください。
運輸支局への申請費用(法定費用)は不要です。

提出場所は各管轄の運輸支局となります。
所在地はこちらから検索できます⇒全国の運輸支局の検索(事業開始届けの提出先)

※運賃料金表の記入方法につきましては、こちらのサンプルをご参照下さい。

軽貨物運送業開始

『貨物軽自動車運送事業経営届出書』を、運輸支局にて審査し届出が受理されますと
『事業用自動車等連絡書』がその場で交付され、事業用自動車の届出等各種手続きが行えます。
その後、管轄の軽自動車検査協会にて、営業用ナンバーを取り付けます。

各所在地はこちらから検索できます⇒全国軽自動車協会の検索(ナンバー変更)

※軽自動車検査協会では住民票もしくは印鑑証明書と認印が必要となりますので事前にご用意してください。
※任意保険には必ずご加入下さい。

軽貨物運送業開始

ナンバー取得までにかかる費用

ナンバー取得までにかかる費用

※その他の経費として駐車場の確保があります。
 これによって別途料金が発生致します。(料金は事業主様の環境によって異なります)

ひとことコラム 「軽運送業、ワンポイントアドバイス」
お取引する荷主様により、支払いを得られるまでの期間に違いがあります。
通常、支払いまで2~3ヶ月間かかります。
また、荷主様や業務内容によっては、高速料金や電車代の立替が必要になる場合もありますし、当然ガソリン代も必要になってきます。
実際に支払いがあるまでの生活費・運転資金は準備しておきましょう!

ひとことコラム 「軽運送開始費用は?」
新しく事業をされる方には、まず中古車がおすすめです。
その理由は、実質的な車の償却がとにかく早いということです。初めに払う金額が少なければ、リスクが少ないのはお分かりになると思いますが、実際に廃業していくケースの一つとして多く見受けられるのが、ローンの残金が残っているのに事故で廃車、次の車との2重のローンで支出がかさみ収入が少なくなるという事例なのです。
ところが中古車の場合、故障のリスクはありますが、早く支払いを済ましておけばメンテナンス費用がかかるだけで、乗れば乗るほどお得な状態が続きます。

(例)車両購入費が中古で36万円で一ヶ月3万円の支払いだと、合計12回です。
これが新車購入で120万円だと、支払い回数は40回になり、さらに、期間が長い分だけ金利も多くなります。
この場合、28回分の差が生じていますが、中古車の場合は1年で車の支払いが完了、あとはすべてあなたの利益となり、それ以降は地道に貯金へとまわすと、次の車の購入費用に充てられることになります。
その頃には軽貨物業界の事情もかなり身についており、ますます充実した労働環境が整うのではないでしょうか?

事業を順調に進めていくには、まず支払いなどの不安材料を取り除いていくことです。
そうすれば、お客様にも余裕を持った笑顔で対応することができますし、好感をもたれることでしょう。あくまでも事業としてやっていくのですから、できるだけ経費を減らして開業するという基本の姿勢は必ず覚えておいて下さい。中古車でも大事に扱って、贅沢(新車)は、その後安定した利益を確保できる状態になってからゆっくりと味わいましょう。

軽運送で解らない事がありましたらお気軽にお問い合わせください

お問合せフォーム