軽貨物でチャーター便の仕事を受けるメリットと求人の探し方

軽貨物運送の仕事には宅配や引越しなど多くの種類がありますが、そのひとつにチャーター便という仕事があります。軽貨物運送の業務の中では非常に重要な仕事なのですが、宅配や引越しのように私たちの生活に身近な存在ではなく、法人向けの仕事なのでその仕事内容はあまり知られていません。
そこで、今回はチャーター便の特徴とその働き方、そしてそのメリットや求人の探し方をご紹介します。

軽貨物のチャーター便とは?

軽貨物による配送サービスの中でも、代表的な案件であるチャーター便はどのような仕事で、どんな特徴があるのでしょうか。

また、運賃や働き方など、貨物ドライバーとして仕事を受ける上でのメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
まずは軽貨物運送の基本から説明しましょう。

■軽貨物運送とは?

軽貨物運送とは、軽自動車を使用した運送業務で、通常は業務委託という契約になり、荷主から依頼された荷物を、トラックやバンなどの軽貨物車両を使用し、有料で指定の配達先に運ぶ仕事です。
個人宅への宅配代行や、ルート配送などの定期便、スポット便やチャーター便などの単発の運送業務などがあります。

そして、スポット便やチャーター便は、緊急時など何らかの事情による依頼である場合が多くなります。
また、軽貨物運送を始めるために必要なのは、仕事で必要な軽貨物自動車1台を用意するだけです。仕事内容によってトラックやバンを用意することになります。
そして、わざわざ新車を購入しなくても30万円程度の中古車でも問題なく始められ、最近は運転が楽なAT(オートマチック車)を使用する人も多くなっています。

■チャーター便の特徴

チャーター便とは、文字通り、車両を貸し切って(チャーター)配送する形態の配送業務を指します。
また、案件ごとに荷物の種類や配達先は異なり、梱包が難しいものや壊れやすいもの、高額品など、配送に専門スキルが求められる荷物など、通常の運送業務では配達しないものを運ぶケースも多くなります。

そして、他の荷物と混載しない荷主の貸し切りによる専属便のため、細かい注文に対応しやすいという特徴があります。
中には緊急を要する荷物で、時間が厳密に指定されているものもあり、運送料金は配達するエリアや時間ごとに金額が決まっており、荷物を運んだ距離で変動し、荷物の個数や大きさによって料金が変動することは少ないのも特徴です。

軽貨物でチャーター便の仕事を受けるメリット

軽貨物でチャーター便の仕事を受けるメリットは何なのでしょうか。宅配便やスポット便よりも難しい仕事なのか、そして稼ぐことが可能なのでしょうか。

■緊急の案件の場合が多く、報酬が高くなる場合が多い

長距離配送の場合もあり、高額になりやすい案件であることは、軽貨物ドライバーにとって大きなメリットとなります。
ただし、チャーター便の仕事の量は、日によって変動しやすく、仕事が1本も無い日もあれば、1日中案件が立て込むときもあります。

そこで、売り上げを意識する場合は1カ月や数カ月、半年など、収入を判断する期間に幅を持たせることが必要となります。
その依頼先の過去の仕事量やドライバーの運賃実績がわかれば、仕事を受けるうえで参考となり、安心して取り組むことができます。

■作業時間が決まっている

スポット便などはいつ仕事が入るかわからず、当日急に入ることが殆どなので、場合によっては24時間対応する必要も考えておかなければならないことに比べて、チャーター便では決められた時間内での契約になるため、その後の予定が立てやすく、集荷の場所も決められていて、直行直帰も可能な場合もあり、終了時間が決まっているので、作業に集中しやすいことはメリットといえるでしょう。
集荷場所が自宅の近くなら、さらに取り組みやすくなるでしょう。

■不在による再配達の可能性が低い

チャーター便は個人よりも法人が中心となり、相手先も企業であることが多いため、不在による持ち戻りは基本的に無いのも特徴です。
万が一再配達となっても、日時を決めての貸し切りのため、再配達を何度も行う必要のない場合が多いのは、再配達で苦労する宅配便の経験のあるドライバーには非常に魅力のある働き方といえるでしょう。

チャーター便の求人の探し方

ルート配送などは良く募集しているのを見かけますが、チャーター便はあまり見かけません。
それは一般に広く募集するのではなく、提携する運送会社に直接依頼していることが多いからなのですが、軽貨物ドライバーにとって魅力的な仕事であるそのチャーター便は、どのように探せばよいのでしょうか。

■仕事のサポートが受けられるWebサイトを活用する

チャーター便など、稼ぎ方や自分のやりたい案件を見つけるためには、仕事を自由に探すことができ、サポートが丁寧で充実しているWebサイトの活用がおすすめです。
一般的な求人情報よりも軽貨物の求貨・求車情報を専門に取り扱うサイトや、軽貨物の開業からサポートしてくれるところもあるので、そのような所で探すのが良いでしょう。

■配送マッチングサービス「軽のシゴトドットコム」を利用する

荷物を送りたい荷主と、荷物を運びたいドライバーをつなぐWebサイトである「軽のシゴトドットコム」では、掲載企業数が業界トップクラスであり、ドライバー登録するとサイトを介して仕事の依頼を受けることができる、新しい軽貨物運送のマッチングシステムとなっています。

また、荷主からの新着仕事一覧もあり、新たな仕事を見つけやすくなっており、荷主一覧の詳細情報で、事業内容にスポット便やチャーター便の記載がある企業の場合、チャーター便の仕事を得られる可能性が高くなります。
「軽のシゴトドットコム」のサイトでは、新着仕事情報とともに、新着ドライバー情報も検索できるようになっており、双方が必要な仕事や人材を探せる場所が提供されています。
同じチャーター便でも運ぶもの、時間帯、そして運賃も異なるので、多くの案件を比較できるのも魅力となっており、大体のチャーター便の相場や仕事内容も知ることができます。

チャーター便は軽貨物運送の基本

■チャーター便も決して楽ではありません

チャーター便は安定して収入が得られることと、安心して仕事に集中できるとして紹介されています。
しかし、初めて軽貨物ドライバーを開業した人にとってはそう楽だとはいえません。

それはどの仕事も同じですが、仕事のスタート直後は軽貨物やトラックを運転することさえ未経験ですから、集荷して納品先から届け先までの道順を覚えるのには時間がかかると思います。
また、時間帯や勤務地によっては早朝の時間帯の場合もあり、思ったより体に負担があるかもしれません。

■高収入を実現するには

そして慣れてくると楽になりますが、今度は月収に換算すると勤め人の給与にあたる運賃が、意外と安いことが不満に思うかも知れません。
さらに、実績を積んでもその運賃が上がることはまずないので、不満は次第に大きくなるかもしれません。
その場合は空いた時間をスポット便に充てることや、時間が重複しないルート便などを加えることで、より収入を得ることが可能になります。

そのためにも、まずはチャーター便でしっかりと信頼を得て、自身でも仕事に自信を持てるようになることが重要です。
軽貨物運送で長く活躍し、多くの収入を得ているベテランドライバーも、同じ道を通っています。

全体のまとめ

チャーター便も宅配便も、それぞれに良いところや辛いことがあります。
そう簡単には稼げませんが、他の独立開業での仕事と比べると非常に挑戦しやすく、初期費用も少ないので利益を上げやすいのも事実です。
全て自分で運営しなければならないという責任もありますが、困った時や悩んだ時に気楽に相談できる先があるとよいでしょう。

また、配送マッチングサービスの「軽のシゴトドットコム」が提供するサービスを利用してみてください。
そのような時もきっと役に立つでしょう。